人聞が誕生したといわれるアダムとイブの時代からのものであり、今日までずーっと引き継がれているのです。どんな人間であっても意識の上ではいろいろ打算的なことをいいます。い無意識の方では、純粋な愛で結ばれて永遠の幸せを得たいと望んでいるのです。が生まれてから共通して持っている無意識的本能なのです。。それ以前にさしかし、意識できなその証拠にもし仮にあなたがグ運命の人。と出会ったならばたとえ何オであろうとも生き生純これは人聞きして美しくなり、そして大変若々しくなります。心はウキウキし感動に胸を打ちふるわせ、その人との語らいに全てを忘れ、愛のひとときに最高の感激をおぼえるでしょう。その時に生まれてきて本当によかったと感じ、生きてきた真の喜びを感じとることができるでしょう。。運命の人。との出会いを求めて人々は無意識ながら一生懸命に毎日を生きているといっても決して過言ではないでしょう。女性がエアロピックへ通ったり、ダイエットをしてスリムになりたいと思うのも、高価な化粧品や香水を使用するのも、イヤリングやアクセリサ を身につけたりするのも、素敵な洋服を着るのも、料理、茶道、華道を習ったりするのも、内心では自分にとって最高の人である。を使って運命の人との出会いを求めているのではないでしょうか。以上説明してきたように純愛の象徴である ρ運命の入。と出会いたいという願望は昔から人間共通の本能的なものであり、心の奥から出てくる大変強い欲求なのです。しかし、ほとんどの人は。運命の入。と出会いたいと思っていても現実には中々現われてこないのです。そして映画や小説の世界だけに求めてしまい、現実の世界では出会うことなく終わってしまうのです。そしてその結果一生涯真の幸せを味わえないことになってしまうのです。これは全く残念なことだといわざるを得ません。⑤④③②①くてもゅの結びつきのない結娼は幸せ巴なれない最近の若い女性の中には、適齢期を過ぎても中々結婚しない人、したくない人、中には一生独身でいた方がよいと考、える人もいます。その理由として次のようなことが考えられます多くの男性を知っていて、結婚相手と他の男性と比較してしまう。生活レベルを今より落としたくない。(経済的に自立できる)大して好きでもない人のために食事や洗濯をする気になれない。イヤな人と一緒に暮らすなら一人の方がよっぽど気楽でよい。結婚した友人たちの話を聞いていると結婚生活に幻滅を感じ、夢も希望もない。

このような人達も一部の人を除き適齢期を過ぎた頃になると、「もうそろそろ年だからお嫁に行かなくては」「両親がうるさくてしょうがないので、親孝行と思って結婚しよう」たとえ結婚したくな。 「仲のよい友だちが結婚したから私も早く結婚しなくては」等々の他人からの意見、他人との比較や見栄によって大した愛情もないのにその時にたまたま出会ったか適当な人。をみつけて結婚してしまうのです。そしてその後にくるのがいわゆる。愛なき結婚生活。であり、たとえ一緒に生活していても、心が離れ離れになってしまうことが多いのです。最悪の状態になると離婚につながってしまうこともあります。その証拠に結婚してから何年か経った主婦達の話を聞いていると「夫に失望している」「夫が家にいてもいなくてもいい、空気みたいなもの」「家にいないとホッとする。いつも出張していて欲しい」「夫が帰ってくるとゾ|ツとする」という声が意外と多いのです。夫の方も妻に対して失望を抱き、家に帰るのが遅くあちこちで浮気をしている人もいます。これらの状態は正に、結婚していても心はバラバラという。家庭内離婚グといえるでしょう。統計的にみても結婚後に幸福になっていない人の方がずっと多い結果になっています。もちろん全ての調査が真意を語っているとは思えません。しかしこの事実を証明するかのように最近刊オ以上の離婚率が急上昇しているようです。それも女性の側からの申し立てが圧倒的である④③②①となです。とのことです。その理由は性格の不一致不倫(愛人)嫁、姑の関係経済っていますが、どの項目でも影響しているのが性格の不一致だというのです。に精神的な結びつきがない愛なき結婚、意味のない妥協をして結婚した人はほとんどといってよい程、真の幸せを得られていないのです。結婚という人生で最も大切な問題を簡単に考えてしまうと、一生不幸になってしまうこともあります。そもそも結婚は自分がより幸せになり、最高の喜びを感じるためのものであり、もし不幸になるのなら結婚する意味がありません。従って結婚する際の前提条件としては、どうしても心から愛し合うことができ、しかも相性や価値観等も一致する波長の合う人グ運命の人。と出会い、結ばれなくてはならないことになるのこのよう永遠の幸せを得るか運命の人。との出会いを求めていてもなぜ。運命の人。と出会えないのでしょ、っか。その理由として次の二つが考えられます。

これらをよく考えることによってもっと多くの人が ρ運命の人。との出会いを体験することでしょう。情報や意見にふりまわされている現代人の多くの思考パターンは、両親や兄弟、友人、上司や先輩、等々の他人の影響を多分に受けています。同時に私達はマスコミが発達した現在においては、テレビ、新聞、週刊誌、雑誌、単行本等々の外部情報を毎日のように一杯浴びています。このような状態の中で生活していると自分の本能とは別のところで思考パターンが形成され、それにふりまわされ自分を見失ってしまうことが多いのです。つまりあらゆる人達や媒体からの情報によってつくり上げられた思考パターンが主流となって定着してしまっているのです。もちろんそれがよい方向に向運命の人 と出会えない理由「 型タイプはわがまま」う場合もあります。しかし、よい相手選ぶ時には、それが妨害することが非常に多いのです。「サラリーマンと結婚すれば、安定する」「結婚するならお金持ちに限る」「スポーツマンは性格がおおらか」「長男とは結婚しない方がよい」「医者と結婚すれば一生楽ができる」「一流大学を出ていない人は出世できない」「初代は頼りがなく、マザコンである」「年が離れている人の方が、わがままを聞いてくれる」「おオまでに結婚しなくてはよい人がみつからない」「おオを過ぎると子供が産めない」「双子座はプレイボーイ型である」「結婚するには四、五オ上の人がよい」「結婚相談所に入る人は理想が高い」「お見合いの方が安全である」「パーティ等で知り合う人はロクな人がいない」「恋愛結婚は危険である」「同じ家庭環境で育った人でないとうまくいかない」このような他人や媒体を通していろいろな情報が入ってくると、それらにまどわされ、まわされてしまっているのです。そして又、常に他人と比較し、他人を意識しながら物事を考えるようになってしまうのです。そしてあたかも種々の情報によって洗脳されてしまったかのようにか私の理想の人はこういう入。 」のタイプでなればダメ。と決めつけて、自分の本能とは別のところで、枠をつくってしまい、相手を選んでいきます。そのため。運命の人。と出会う範囲をせばめてしまい、ますます出会えない状況をつくりあげてしまうのです。たとえ目の前に ρ運命の入。が現われたとしても、もう会う前から、条件や基準等の枠が決まってしまっているために話をすることもなく終わってしまうのです。

こんなもったいない話はありません。めったに出会うことのない。運命の人。を逃してしまうことは、自ら幸福を放棄してしまったといわれても仕方ないでしト。、『ノ。現在はマスコミが発達した情報化時代です。従って複雑な多種の情報がたくさん入ってきます。又、友人や両親、親類や兄弟、等々の人達からの様々な意見もたくさん入ってくるでしょふり2ぅ。それらの情報を全く無視しなくてはいけない、といっているのではありません。それらは十分に価値あることでしょう。むしろ数多くの情報を取り入れるべきでしょう。しかし問題はその先です。問題のはそれらの情報や意見をただ盲信してしまって、その通りだと考えて、決めつけてしまうことにあるのです。 4逗命の人。と出会うためにはこのような他からの情報や意見による枠を取り払い、大きな視野で自分自身の考、ぇ方で広い範囲から選ぶことが重要なこととなります。 表面的なブランド好みになっているか運命の人。と出会えない二番目の理由は相手を選ぶ時に、精神的な結びつきでなく、その人についている要素を重視しすぎてしまう、ということにあります。。めには心のつながりが最も重要視されなければなりません運命の人。と結びつくた。。たとえばこういう話がありますある弁護士にあこがれて結婚した女性がいます。彼女は弁護士は収入もいいし、社会的地位も高く結婚相手としては申し分ないと考えたのでしょう時聞が経つにつれてお互いにわがままをいい始めました。結婚後はうまくいっていたのですが、。結婚前には口に出さなかったことまでいい始めたのです。彼は法律というややもすると厳格きを要求される職業なので性格的にもそうなっていったのです。逆に彼女は、小説好きなロマンテイストであって、きわめて人間的な性格だったのです。そのためか人生上の価値感が全く合わず、とうとう六年後に性格不一致ということで離婚してしまいました。彼女は愛し合うとか波長が一致しているとかいう精神的な結びつきよりも弁護士という職業そのものにあこがれて結婚したためにこのような不幸な状態になってしまったのです。もう一つ例があります。ある刊の会社を経営する青年実業家と結婚した女性がいます。彼女は大金持ちと結婚すれば大変幸福になれると思ったのでしょう。大きな家に住み、外車に乗りまわし、いつでも海外へ行けると夢を抱いていたのです。確かにその夢は叶いました。ところが大変不幸になっていったのです。

彼は酒好きで毎晩どこかで夜遅くまで飲みあかし、毎晩のように帰ってきませんでした。日曜日でさえも仕事とかゴルフとかいってほとんど家にいたことがありません。それどころかお金があるばかりに、あちこちに愛人をつくってマンションを与えていました。家で一緒に食事することなんてほとんどといっていい程なく、彼女は毎日暗い生活を送っているのです。彼女は最近、「いくらお金があってもこれでは幸せになれない。こんなことならたとえそれ程お金のない人でも、毎日一緒に家族で食事をして、楽しい語らいができた方がよっぽどよい」といっています。今度は大学生達の例を挙げてみましょう。テレビ討論会の一幕です。ある有名な 大学の医学部主宰のダンスパーティがありました。人気ナンバーワンの学部なので当然のごとく多くの女子大から学生が集まってきました。パーティ会場で、ある 大学生,刀「どこの大学ですか?」とたずねたところ「 女子短大です」と、三流であまり知られていない名前をいったら、彼は急にどこかへ行ってしまったというのです。又、別の女子大生は、別の 大生から「どこへ住んでいるのですか」と聞かれ、知られていない地方の地名をいったら、これ又、彼はどこかへいなくなってしまったというのです。彼女達は「あまりにもひどい。本人そのものについてでなく、どこに住んでいるとか、どこの大学に行っているかによって差別し、友達にさえなってくれないどころか口も聞いてくれない」と大変怒っていました。しかし 大生側もまけてはいません。「そういうあなた達こそ 大学医学部主宰のパーティに集まってくるなんて、それこそブランド指向ではないか」と反論していました。このように学生の間でも心のつながりや、本人そのものをみているのではなく、大学名や住所というブランドだけにあこがれてしまって相手を選定しようとする傾向があります。女子大生の方は有名で人気のある大学生と付き合、えば、それを友人に自慢できるし、うまくいけば将来グ玉のこ になれると考え、一方、医大生の方も有名なお嬢さん学校の人を見つければステイタスシンボルにすることができるし、又、相手が資産家ならば、将来独立のために好都合という打算が働く人もいます。これが。逆玉のこし。といわれる最近の現象です。しかしこれでは、ブランド物の車を買ったり、ハンドバックを買ったりする買物と同じで、人間性を無視した考え方といわざるを得ません。

従って結婚後本当の幸せに結びつくか、はなはだ疑問です。弁護士、資産家といった人達を選ぶことがよくないといっているわけではありません。又、学校名や学歴、住所がよい人を選ぶな、といっているわけではありません。もちろんそれらの人でも性格的によい人もいるし、相性も価値観も波長もピッタリで、愛し合える人もたくさんいるでしょう。そしてそれらの人達と結ぼれて幸せな生活を送っている人もたくさんいます。又、逆に社会的地位の低い人や、経済的にあまり恵まれていない人が、性格的にもよく、愛情豊かな人であるともいえませんし、精神的に結びつくとは決していえません。ここでいいたい事は、相手を選ぶ時に、職業や収入、学歴や学校名、家柄、住所、あるいは顔やスタイル、血液型、等々の表面的なことにだけとらわれてしまって、愛し合っているとか波長が合うとかいう心の結びつきを無視してしまうと不幸になってしまうということです。又、それらのことに執着しすぎると、。運命の人。と出会うべくせっかくのチャンスをみすみす逃してしまう結果となるのです。重要なのはいくら他の条件がよくても、愛し合っているか、波長が合っているかという心の問題を最重要視して考えるということなのです。住所が辺ぴなところでも無名の大学であっても、それだけの理由で避けてしまうのは。運命の入。をみすみす逃してしまうことになるのです。なぜならその人がか運命の入。であるかも知れないのですから。相手を選ぶチェックリスト次にかかげる ρ相手を選ぶ基準表。をみて下きい。 群はいわゆる精神的な事柄を重視した項目であり、 群は本人の生理的な事柄を重視した項目であり、 群は本人そのものでなく、生まれてから今日までの環境的な事柄を重視した項目です。相手を選ぶチェックリスト 愛情 容姿 収入 波長 容貌 職業(企業名) 直感 年齢 学歴(学校名) 価値感 頭脳 家族 相性(性格) 声・話し方 住所 性格分析 趣味 所有物 (血液型等) 印刷凹・愛情:・・:お互いに心から愛し合っているかどうかで、一時の自己満足的な愛ではありません 0・波長::・単に考え方や行動が一致するばかりでなく、フィーリングがピッタリする関係です。・価値感:;:生活や人生に対する価値観のことで、ぜいたくに暮らしたい、あるいは質素に暮らしたい、等の考、ぇ方です。-直感:::インスピレーションといわれるもので、会った瞬間に 」の人だ。と感じるもののことです。